女性に嫌われないペニスを目指す方法


短小でも巨根でも女性が嫌悪感を抱くペニス

ペニスが小さいと女性から呆れられる可能性は高いです。
ですが、どれでけ大きなペニスであっても女性から嫌悪感を抱かれるペニスも存在します。
それは不潔なペニスです。

日本の成人男性の中で仮性でも真性でもない、ズル剥けペニスの男性は約35%と言われています。
成人男性であれば剥けていて当然、という風潮がありますが、実際には3人に1人の少数派なのです。

一番多いのは仮性包茎で約60%もの割合を占めています。
通常時は皮を被っていても、勃起時には自然に剥ける、手で剥けるようになる、という人が殆どということです。

残りの5%の人達が真性包茎、もしくはカントン包茎と呼ばれる人達です。
真性包茎は通常時も勃起時も常に皮を被っているペニス。
カントン包茎は皮を剥くことはできても、皮によってペニスが締め付けられる状態のペニスです。

この5%のうち2%の人たちは手術を受けているようですが、残りの3%の人達はそのままのようです。

ペニスは皮とペニスの間に汚れやカスが溜まってしまう構造になっています。
ズル剥けペニスの人は基本的にこの問題は生じません。
仮性包茎、カントン包茎の人たちはお風呂で体を洗う時にペニスを丁寧に洗うことが可能です。
ペニスをきれいにすることが可能なペニスということになります。

問題なのは真性包茎の人です。
皮を剥くことができないため、皮とペニスの間に溜まったカスを洗い流すことができません。
それが長期間溜まってしまうと不衛生な状態が続き臭いにおいがするペニスになってしまいます。

女性はこのようなペニスをもっとも嫌う傾向にあります。
当たり前ですが、セックスの際にフェラをしたり挿入するペニスが汚い、臭いとなれば拒否反応を示すのも理解できます。

真性包茎、カントン包茎の人は保険の適用内で手術を受けて治療することも可能です。

せっかくペニス増大サプリでペニス増大に成功しても、臭いペニスに女性は喜びません。

どんなペニスでも、常にきれいで清潔なペニスでいるように心がけましょう。

チントレの定番メニューのやり方と効果

体を大きくするには筋トレは必要不可欠です。
同じように、ペニスを大きくするためにチントレは必要不可欠です。

腕の筋肉を鍛えるために腕立て、ダンベルなど複数の方法があるように、チントレにもいくつか方法があります。
ミルキング、ジェルキング、PC筋トレーニングなどです。

ペニス増大サプリを飲んでペニス増大を目指そうと思っている人にはこれらのペニトレは必須となってきます。

ここでは一般的に主流であるミルキング、ジェルキングの方法と効果を説明します。

ミルキングとジェルキングはやりやすい方を選べばいい

ミルキングとジェルキングというチントレメニューがあります。
これらはどちらも、手でペニスを圧迫して亀頭部分へ流れ込む血液の量を多くすることが目的となっています。

何が違うのか。
それは手の動かし方です。

順番に説明していきます。

ミルキングの方法

ミルキングは半勃起したペニスの根本を親指と人指し指で握ります。
この時、ペニスの持ち方はオナニーの時のように持つのではなく、逆手で持ちます。
そして、中指、薬指、小指の順番で握り込んできます。
この時、ペニス内の血管を流れる血液が亀頭に集まっていくことをイメージしましょう。
小指まで握ったら5秒間キープして離します。
その後、再び中指から順番に握っていきましょう。
1セット5分程度、1日3セット行いましょう。

ミルキングは逆手でやることになれれば非常に楽なチントレです。
オナニー時のような動きでもないので気持ちよくなって射精してしまう危険もありません。

ジェルキングの方法

次にジェルキングです。
ジェルキングも半勃起したペニスで行います。
ペニスの根本を親指と人指し指で握ります。
ミルキングとは違い、オナニーする時と同じような持ち方でOKです。
そして、オナニーをする時よりも少し強めに握り込み、根本から亀頭にむかってゆっくりと動かします。
この時、ペニス内の血管を亀頭に向かって押し出すイメージを持ちましょう。
亀頭まで到達したら3秒程度止めて手を離します。
再び根本を握り直し、繰り返します。
1セット5分程度、1日3セット行いましょう。

ジェルキングはミルキングより血液の送り込みやすい方法になります。
しかし、オナニーより少し強めに握るために皮が伸びる可能性があります。
また、オナニーと似た動きになるので場合によっては射精する可能性があります。
ジェルキングを行う場合はローションなど利用することをおすすめします。

どちらの方法を選べばいいのか、という質問に対して答えは出せません。
実際にどちらの方法もやってみて、やりやすい方を選んでもらえればいいかと思います。

ミルキングとジェルキングに期待できる効果

このミルキングとジェルキングはどちらもペニスの先端に血液を流れ込むことを目的としています。
ペニスの中の血液を先端に送ることにより、勃起に大きく関連する海綿体への血液流入量が増えます。
海綿体は毛細血管と呼ばれるものすごく細い血管の集まりです。
ここに多くの血液を送ることによって血管が広く太くなります。
これを繰り返していくうちに、次第に海綿体に貯めることができる血液量も増えます。
それによってペニスが大きく、硬くなることが見込めます。

ミルキングとジェルキングを行う際の注意点

ペニスを圧迫することが大切なミルキングとジェルキングですが、力を入れすぎないよう注意してください。
ペニスを圧迫する以上、ペニスに負担がかかります。
力を入れすぎるとペニスに必要以上の負荷がかかり血豆のようなものができる場合があります。
特に始めてからしばらくはオナニーより軽く強めに握る程度におさめておきましょう。
また、ペニスに異変が出てきた場合はしばらく控えるようにしてください。

ミルキングとジェルキングを行う頻度

ミルキングやジェルキングはできる限り毎日行うようにしましょう。
チントレは筋トレと違い毎日行っても問題ありません。
少しの負荷を継続的に与えることが大事です。

慣れたら徐々に負荷を強めていきましょう。
負荷を強くといっても握る力はそのままです。
それぞれ亀頭まで達した時のキープする時間を3秒から5秒、5秒から7秒にします。
これだけでも十分負荷がかかります。
負荷を強めて違和感があった場合は即ストップしましょう。
やりすぎはペニスに毒です。
必ず自分のペニスと相談しながら行ってください。

ミルキングとジェルキングはペニス増大サプリと組み合わせるのが理想

ミルキングやジェルキングに限らず、チントレを行う際はペニス増大サプリと併用することをおすすめします。
筋トレをする時のプロテインのようなものだと思っていただければいいでしょう。
ペニス増大に必要な栄養素をサプリで摂取しながらチントレをすることが大切です。

巨根でも早漏だったら意味がない。早漏克服オナニー法

あなたが巨根だったとしても女性はそれだけでは喜びません。
セックスが上手であることが前提にあります。
その上で巨根であれば女性はあなたの虜です。

しかし、早漏だった場合はそうもいきません。
巨根だろうが、短小だろうが、早漏は女性に嫌われます。
挿入しただけでイクなんて論外ですが、5分も保たないのもよくありません。

そんな早漏を克服するためには色々方法がありますが、ここではオナニーを利用した克服法を紹介します。

亀頭オナニー法

いつものオナニーに取り入れることができる亀頭オナニー法です。
ものすごくシンプルですが、亀頭の気持ちいい部分を重点的にこするオナニー法です。
この時、ペニスを握って上下のピストン運動は行いません。
最初から最後まで亀頭を刺激し続けましょう。
ペニスの中で一番敏感な部分は亀頭です。
最初の頃はあっさり果ててしまうでしょう。
しかし、射精してしまったことに対して罪悪感など覚えないようにしましょう。
出てしまったものは仕方ありません。
次にやる時に1秒でも長く我慢できればいいのです。

ジャワーオナニー法

次に紹介するのはシャワーオナニー法です。
お風呂場で勃起したペニスに温かいシャワーを当てる方法です。
この時、シャワーを当てる場所はやはり亀頭です。
自分で気持ち良い場所、気持ちいい水圧を探しましょう。
その中で一番気持ちいい場所に長時間あてれるよう我慢しましょう。
この方法は亀頭オナニー法より温かさと勢いがあるので、本番で挿入した時に近い状態を再現できます。

コンドームオナニー法

コンドームオナニー法はオナニー時にコンドームを装着して行う方法です。
コンドームを装着して行うことでペニスを本番の状態に近づけることができます。
コンドームオナニー法は上記の亀頭オナニー法、シャワーオナニー法とも併用できます。

オナニーホール法

オナニーホール、オナホを利用する方法です。
オナホを利用したことがある人はわかるかと思いますが、人気の高いオナホは通常のオナニーやセックスより得られる快感が違います。
男性のペニスに快楽を与えるためだけに研究・開発されているオナニーグッズなので当たり前なのですが。
おすすめは何度も洗って使い回せるタイプです。

射精我慢は絶対してはいけない

早漏改善・克服について調べているとオナニー時に射精しそうになったら我慢して止めるという方法を紹介している記事が多くあります。
ですが、これは絶対にやめてください。
イキそうになるということは精子が出る準備が完了している、ということです。
これを無理矢理我慢して止めるとペニスに思っている以上の負担がかかります。

仮にオナニーの時は我慢しようと思って我慢できたとしても、本番で我慢しようと思えるはずがありません。
そういうことを考えると射精我慢は無意味といえます。
絶対にやめましょう。